返済まで念頭に置いたキャッシング

返すあてがないのにお金を借りることは絶対に避けよう

キャッシングを利用する場合、必ず返済することを考えないといけません。一番やってはいけない借り方はどのようなものかというと、返済するあてがないのに借りてしまうというものです。例えば、会社を辞めて無収入になった人が手元のカードでお金を借りようとしたとします。既に再就職先が決まっていて、当座の生活費をキャッシングで補いたいというのであれば、返すあてがあるので問題ないですが、就職先は決まっていないのに借りてしまうと返済日にお金を用意できず、生活状況がより悪化するのは確実です。
再就職するための面接のために交通費が必要といった理由で一万円程度キャッシングするのは仕方ないといえますが、働けずにやけになって、遊ぶ金を得るために数十万円のキャッシングをすることは避けましょう。

利率や返済システムの利便性で借入先を選ぶ

では、これからカードローンに申し込むという人が、返すことを考えた上で借入先を選ぶ場合、どういった点がポイントになるでしょうか。まず、大事なのが借りたお金にかかる利率です。返済する場合、原則として利息と元金を一緒に払うことになっているので、利率はできるだけ低い方が返すお金が少なくて済みます。
また、利便性を求めるのであれば、返済システムも大事です。たとえば大手カードローン会社の場合は、ATM、銀行振込、口座引き落とし、店頭払いなど、いろいろな返済方法を選ぶことができるので、状況に応じてお金を返すことができて楽です。それと、最低返済額が利息と同額のところは、お金がなくて苦しいときでも返しやすいという利点があります。

© Copyright Account Online Apply. All Rights Reserved.