キャッシングをするにあたって知っておくべきこと

審査が心配なら事前診断がある所を選ぶ

キャッシングをする時に、最も気がかりになるのが審査に通るかということでしょう。一部の金融機関では、サイトに事前診断を受けられる場合があります。
年収や勤務先、年齢や健康保険の種類を入力した後、利用している場合は他社での借入の総額を入力して、診断のボタンを押します。審査に通りそうであれば、借入の申し込みが可能と思われるという内容の文言が表示され、そのまま申し込みフォームのリンク先のボタンが選択できます。難しい場合は、借入が可能か判断ができかねるというような内容のメッセージが表示され、申し込みは難しいと判断されます。あくまでも仮の診断結果なので、申込者の状況によっては本審査で落とされることもあります。
しかし、事前に難しいことが分かれば、申し込みをすることがないので、申し込みの手間が省けるでしょう。

銀行のキャッシングの審査は難易度が高い場合も

銀行のキャッシングは一般的に金利が低く、貸金業のキャッシングのように総量規制の適用を受けることがありません。そのため、法律上は収入の3分の1以上の借入ができますし、元金に付く利息の額も抑えることが可能になります。
ただし、銀行のキャッシングの審査は、貸金業の審査よりも基準が厳しいことがあります。配偶者に安定的な収入のある専業主婦や主夫の方でも借入が可能なので、そんなに難しくないのではと考える方もいますが、低金利であるために審査が慎重に行われますし、パートやアルバイト勤務の方で、一定の収入額の基準を満たしていない場合には、信用情報を確認する前に利用を断られてしまうこともあります。
銀行のキャッシングの説明に、在職年数や収入の金額にこだわらず、無理のない金額を貸付するというような文言があれば、非正規雇用の方でも申し込みしやすいでしょう。

© Copyright Account Online Apply. All Rights Reserved.